弁護士の強み

弁護士自己破産手続きを弁護士に依頼したときのメリットとしては、必要書類の取得と作成を任せることができる点になります。膨大な時間がかかってしまうことも少なくないものの、弁護士の場合は短時間で対処可能です。裁判所とのやり取りに関しても弁護士がすべて対応します。裁判所が免責決定を認めるか否かが大事であり、抜かりない対応ができます。もちろん、申立後も安心して任せられるメリットもあります。免責決定後に困ったことがあった場合に相談できるのも心強いものであり、日常生活を送るうえでの味方といえるでしょう。

自己破産の手続きを行うにあたって、審尋に同席してもらえるのも大きいです。裁判官と面談しているときに緊張してしまう方も少なくありません。弁護士に自己破産を依頼した場合は、同席してもらえて適時対応をしてくれるものです。本人の代理人として代わりに回答することも認められています。

自己破産は一生のうちで何度も行うものではありません。ちょっとした対応の間違いによって、台無しになってしまう可能性もないわけではありません。自己破産という人生を大きく変える出来事に対応するにあたって、やはり弁護士に依頼するのが適切でスムーズといえるでしょう。

関連リンク【借金で自己破産:アディーレ